【全国転勤】縁もゆかりもない配属地を楽しむための心構え【ぶっちゃけ辛い】

働き方

正直なところ、僕は「生まれ育った土地を離れて生活する」だなんて考えもしませんでした。当時を振り返ると、頭が固かったなと反省をする部分もありますし、逆に今は頭がやわらかくなり過ぎたかもしれないとも思うのですが、いずれにせよ、縁もゆかりもない配属地で生活していく中での”気づき”や”学び”は確かにあったんだろうな、と捉えています。

スポンサーリンク

先ずは恥も外聞も捨てる。

何せ、自分を知ってる人は誰もいないわけです。気を抜くと自宅と職場の往復で日々が過ぎていく。せっかくの金曜日や休日も一緒に過ごすと友達もいない。そんな状況になります。「やっぱり故郷がいい」「こんな土地はだめだ」と言うのは簡単なのですが、そういう考え方は何か後ろ向きだなと心の中で悶々とします。やっぱり友達とかを作って現地を楽しみたいなと思うわけです。そんな時に邪魔になってくるのが、よく言う”自然な出会い”っていう感覚なんだと思います。まあ、「自然な出会いって何だよ」って話なんですけれど、つまり学校の同級生だったり、会社の同期だったりというのは”話すキッカケ”がありますよね。この感覚が意外と厄介で、”自然な出会い”から逸脱する行動は、恥ずかしいとか、浮ついた行動だと無意識に思ってしまうんですよね。ただ、こういう感覚だと本当に孤独からは抜け出せないなということに気付きました。

自ら機会を作る。

心構えさえ持てば、人間ていうのはこういう状況に対して解決策を見つけているわけです。ダイニングバーでも個人が経営しているようなカウンターの飲食店でも良いんですが、ともかくそういったコミュニケーションのキッカケを作ってくれる場所があるんですよね。まあ、ドラクエⅢでもルイーダの酒場で仲間を見つけますからね。最初はお店の人と仲良くなるだけでも十分です。最初は恥ずかしいなとか感じるかもしれませんが、職場とは違う人間関係で話をすることで、現地の見え方もかなり変わったりします。

機会によって自らを変える。

結局、最初のキッカケさえ出来てしまえば、後は今までと同じように人間関係を広げていくだけです。いつしか土地の催しなんかにも誘われたりし始めたり、少しづつ土地になじんでいくわけです。自分が外の地域から入っていくと分かるんですけれど、インターネットとかガイドブックとかで知りうることって本当に少ないんですよね。(僕が住んでた地方都市では食べログでは美味しいお店は見つけられませんでした。)楽しいこと、面白いこと、そして美味しいものってまだまだ暗黙知なんだなと思います。

まとめ

過去は美化されていくものですが、今から思えば本当に楽しい思い出なんですよね。まあ、当事者じゃない人は「住めば都でしょ」とか気軽に言ってくれるんですけれど、都にするためにはそれなりにステップがあるんだということも伝えたいです。ちなみに僕は同期から「その配属先うらやましい!」って言われたことあるんですけれど、僕が「じゃあ変わる?」って言ったら「それはいや」って言われたことあります。

https://salarimanus.com/2078/

コメント