年齢を重ねると海外駐在への憧れはなくなる説。総合電機メーカーの元社員が考えてみた。

働き方
スポンサーリンク

30代にもなるとチラホラと学生時代の同級生や前職の同期が海外駐在員として日本を旅立っていきます。

今から思えば、20代のころは多少の嫉妬というかちょっとした焦りを感じていたかもしれませんが、今となっては心の底から「すごいなあ」とか「健康第一で」という気持ちがわいてくるようになりました。

これが”諦観の表れ”なのか”年の功”なのか分かりません(笑)

いずれにせよ年齢による気持ちの変化というのは面白いなと思います。そんな訳で、当記事では「海外駐在への憧れ」について、アラサーになった今、あれこれ思うことを書き殴ってみます。

スポンサーリンク

海外で仕事や生活する体力はありますか?いいえ、日本で仕事する体力もないです。

ビジネスパーソンに必要なスキルは何かというテーマは様々なビジネス書だったりで論じられてますけれど、社会に出てからというもの“意外と体力って重要じゃないか”と僕は思い始めました。

それはもう残業だとか休日出勤とかへの耐性にも直結するわけですが、やはり海外ともなると天候だとか治安だとか日本とは異なる環境が待ち受けているわけです。

そういった環境でもタフに働きぬくことができるかというと、多くの人にとってハードルが高い能力なのではと思います。

僕の場合は、空気が汚れていると頭痛に悩まされる体質だったらしく、某アジアの都市に旅行に行った際には本当に頭だったり喉が痛くなり「これは海外勤務なんて出来ないなあ」と思い至りました。(思えば、この経験が海外駐在への憧れを失ったキッカケだったかも。)

余談ですが、排ガス規制って言うんでしょうか?社会のエコへの配慮って重要なんだなって感じました。当たり前に自動車とかバイクの排気ガスが蔓延してる環境というのは、僕には本当に辛かった。。

スポンサーリンク

孤独耐性はありますか?いいえ、言うほどなかったです。

やはり海外で働くと日本との文化の違いに直面するわけです。

もちろん、海外旅行だったりすると、その文化の違いが楽しかったりしますけれど。

でも仕事の場合はどうでしょうか。文化の違いを感じるってことは、刺激的でもありますが、ともすれば孤独感にさいなまれる場合もありそうです。

例えば、”深夜までお酒の席にお付き合いするのが誠意”なんていう地域は日本にだって、依然としてあるわけです。(僕が前職で赴任した地域はそういう文化だった。)

自分の常識が相手にとって非常識だったりするわけですが、これってかなり辛いと思うのです。

こういう辛い場合は、同じバックグラウンドを共有する同郷の人とか、海外駐在の場合は、日本人と時間を過ごすのが一番なのだろうと思いますが、自分の成長を考える場合は、少し我慢した方が良いのかもしれません。

海外留学とか海外駐在した人から聞いた話ですけれど、自身の成長を主眼に置く場合は、敢えて日本人コミュニティとは距離を置くそうです。

つまり、日本人といると英語を話さなくなるので、結局駐在中に英語が身につかないとか、そういうデメリットがあるそうです。本当にストイックですよね。

私生活の人生設計は大丈夫ですか?いいえ、まだ独身なんです。

意外とこれがクリティカルな問題らしいのですが、駐在の時期によっては結婚などのライフステージのイベントタイミングを逸してしまう人もいるのだとか。

確かに、海外赴任の辞令を受け取った同級生とか前職の同期が増えたのってアラサーになってからですから、この年齢から数年は海外に行くとなるとパートーナーと出会う機会を失う可能性がありますよね。

実際、「海外赴任は結婚が決まってからにして欲しい」と上司に相談した友人もいますし。

もちろん現地でも出会いはあるそうなんですが、狭い日本人コミュニティですから、色々とリスクが高まるんだと思います。

とはいえ、人生の優先順位は人それぞれですから、特段に僕が言うべきではないのかもしれませんが、こういうライフステージのリスクについて、友人から聞いたり考えたりするようになったのも、年齢を重ねてきたからなんだと思います(笑)

まとめ:海外駐在は僕には勤まらない

色々と書き殴ってみましたが、どうでしょうか。改めて自分で読み返してみると、海外駐在員を悔いなく楽しむというのは、もの凄い才覚なんだと、僕なんかではとても勤まるものではないなと思いました。

しかしまあ、僕も学生の頃は人並みに海外で働くことに憧れたものです。

我ながら恥ずかしいのですが、パリッとしたスーツに身を包み、カフェで買ったコーヒーを片手に異国の高層オフィスで、かっこよくプレゼンする自分の姿を思い描いたものでした(笑)

今や日本から離れたくないだなんて思っていますが、また同じように10年後にでも考えてみたいと思います。また考えが変わるかもしれませんから。

コメント