【感想】『バチェラー1』初代にして歴代最強、久保裕丈。でも隠せぬ、男子校感??

映画・ドラマ・アニメ
スポンサーリンク

こんにちは。サラリマヌス(@SALARIMANUS)です。

バチェラーのシーズン3が面白すぎて、サラリマヌス家ではバチェラー・シリーズの2巡目の放映が決定しました(笑)。

早速『シーズン1』を見終えたのですが、初代バチェラー・久保裕丈さんは、まさかの男子校出身者だったんですね。

一応、僕も男子校出身なので、”男子校出身者の残念さ”みたいな視点で2巡目は見てみました。

『バチェラー・ジャパン シーズン1』予告動画

『バチェラー・ジャパン』

バチェラーシリーズは、理想の独身男性(バチェラー)が25名の女性から運命の相手1人を選ぶ恋愛リアリティ番組である。

世界中で人気を誇った同番組が、ついに日本にも登場した。

シーズン1の予告動画を見返してみると、当時のキャッチコピーって”恋愛リアリティ番組”なんですね。

シーズン3だと”リアル婚活サバイバル番組”になってて、番組の見せ方もかなり変わってる気がします(笑)

それでは、以下に『バチェラー・ジャパン シーズン1』の感想を書いていきます。

『バチェラー1』をみる┃Amazonプライム・ビデオ30日間無料トライアル

スポンサーリンク

話し方がビジネスライクで面白い。

番組の随所で、バチェラーの心境を語る場面があるんですけど、話し方がビジネスライクで面白いです。

というか仕事での話し方という意味では勉強にすらなります(笑)

「営業マンの定例会」みたいなノリで、恋愛の進捗状況を説明してるのでシュールです。

スポンサーリンク

経歴にスキなし。

「バチェラーの経歴にスキなし」というのもシーズン1の特徴です。

一応、僕は海城高校と同じくらいの偏差値の高校を卒業していますが、久保裕丈さん級の同級生は聞いたことがありません。

「こんな人いるのか!」って感じです(笑)

【久保裕丈さんの経歴】
・起業&バイアウト(数億円のキャッシュを得た?)
・ATカーニー
・東大院&学部
・海城高校

隠せない男子校感。

さて、当ブログとして注目していたのが「久保裕丈の男子校感」です(笑)

海城は中高一貫なので6年間は男子校。

どんなに努力しても「女性に対して自然に振る舞う」という感覚は失われているに違いないのです。(当ブログ調べ)

実際、バチェラー久保裕丈がローズを渡していった女性は”思わせぶりな”女性たち・・・(番組を見ている限りですが。)

隣で一緒に見ていた妻からのブーイングはヒートアップしていく一方でした(笑)

誰も好きにならなかった説。

誤解を恐れずに言えば、最後に「誰も好きにならなかった説」を提唱したいです。

というのも、歴代最強の経歴を持つ久保さんだからこそ、「女性に求める事も多い」と思うのが現実的な見方じゃないでしょうか。

実際、久保さんのお母さんも「久保さんの結婚相手に相応しい相手は?」という質問に対して、「彼をコントロールするくらいに芯を持っている女性。その方が彼は安心だと思っている。」と回答している。

バチェラー・シーズン1の女性陣も、確かに綺麗な女性は多かったです。

でも、久保さんに匹敵する経歴の女性は「いなかった」というのが正直なところじゃないでしょうか。

まとめ

以上、『バチェラー・シーズン1』の感想でした。

「誰も好きにならなかった説」を前提に、久保さんは『バチェラー』という番組を作ることに意義を見出していたんじゃないか?という結論に至りました。

そういう意味では、見事に久保さんは『バチェラー・シリーズ』を立ち上げたと思います。

いっそ『バチェラー・ジャパン シーズン1』は番組制作という観点で見ると面白いと思います。

というか、久保さんも「バチェラーの参加した動機」を聞かれて↓って言ってますしね。
(女性たちとデートするより、楽しそうに話してたと思う笑)

「日本人の中で誰もやってないこと」
「1人目としてバチェラーをやることで、新しい番組を作れるかもしれない」
「新しいことをやるのが好き」

『バチェラー1』をみる┃Amazonプライム・ビデオ30日間無料トライアル

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。
ゆっくり急げ(アウグストゥス:初代ローマ皇帝)

コメント