大企業かスタートアップかという議論。

キャリア
スポンサーリンク

こんにちは。サラリマヌス(@SALARIMANUS)です。

大企業を目指すか、スタートアップやベンチャーを目指すか。

ある意味、答えのない議論です。その日の自己肯定感で答えが変わります(笑)

つまり、それぞれに魅力やリスクはあるわけですが、現時点で僕が思うものを綴っておこうと思います。

スポンサーリンク

働き方改革で、大企業の妙味が増している

新卒で僕は大企業に就職したので、大企業のメリット・デメリットは分かるつもりです。

デメリットの最たるものが全国転勤や副業規定などの伝統的な就業形態なのですが、昨今の働き方改革で、その辺りが猛烈に緩和されています。

実際、前職の中の人に聞いても、随分と働きやすくなったそうです。

スポンサーリンク

大企業の働き方改革は悲鳴でもある

じゃあ、大企業一択かと言うとそうでもない。

結局、ここ数年で大企業側の権威が落ちてると思われます。

聖域だった終身雇用にメスを入れちゃいましたからね。特に若手の忠誠心はダダ下がりです。

したがって社員へのおもねりと残業代カットという経費削減の複合物が働き方改革なわけです。

いざ、スタートアップ。いざ、ベンチャーとは踏ん切りつかず。

じゃあ、「スタートアップで一旗あげるぜ」と思うほど、大企業の権威は落ちてない。

そういう段階かと思います。

まだまだ大企業の社会的信頼は強いし、給与や福利厚生がよいのです。

お金の事を考えなくて良いならどうするか?

結局、生業として、自分が生きていくため、家族を養うため、お金を稼ぐことからは逃れられない。

そう考えると仕事も選べなくなってきます。

やはり、僕にとってセミリタイアを目指すというのは、「気兼ねなく好きな仕事に挑戦する」という要素も強いなと思います。

まとめ

結局、セミリタイアかよ!って感じですが。

正直な気持ちです(笑)

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。
ゆっくり急げ(アウグストゥス:初代ローマ皇帝)

コメント