パーク24(4666)の株主優待で池袋のスーパー銭湯(スパ)をお得に利用する方法

家事・家計

古代ローマ人にとって、日々の疲れを癒す場所である浴場(テルマエ)は欠かせなかったものだと言います。同じように僕たち日本の会社員にとっても銭湯や温泉は日々の労働の疲れを癒すために欠かすごとが出来ない場所です。そんな浴場(テルマエ)ですが、東証一部上場のパーク24[4666]を買付ければ、池袋で同社が経営する”都心の大人のスパ施設”で利用できます。

 

スポンサーリンク

パーク24を258,00円で100株購入!(2018年2月)

10月末日に100株所有していれば、配当金に加えて、1月にタイムズチケット2000円分が送られてきます。

パーク24というと”タイムズ”の駐車場が有名ですし、最近ではカーシェアの”タイムズカープラス”のサービスがとにかく便利という声も聞きます。だから株主優待券も、駐車場やカーシェアのサービスでしか使えないと思いがちなんですが、そこは同社も考えているのでしょうか、なんとスパで利用できます。しかも”大人のスパ”です。いや「”大人のスパ”って何だろう」って思ったのですが、18歳以上しか利用できないようです。後は、施設が海外の外資系ホテルのようなリラックスした雰囲気なので、そういったところが”大人のスパ”なのかもしれません。ちなみに僕は”スパ”と”スーパー銭湯”の違いがわかっていません。”スパ”の方がお洒落な感じがしますね。

タイムズ スパ・レスタに行ってみた。

さて”タイムズ スパ・レスタ”なんですけど、池袋のサンシャインシティから1分ほどの好立地な場所にあります。同社が保有する駐車場タイムズステーション池袋の10階~12階が”タイムズ スパ・レスタ”の場所として使用されているようです。

さて肝心のお風呂です。(基本的に施設内は写真撮影NGなので文字ばかりですみません。)
男性の場合の同施設の売りは、ホワイトイオンバスだと思います。いわゆる露天風呂なんですけど、微細な泡が発生する仕組みになっているようで、しっかりと体が温まる感じがしました。また露天風呂から見えるスクリーンで映画が上映されていたり”大人な感じ”が演出されています。ただ残念ながら、タイムズ スパ・レスタのお風呂は温泉ではないようです。アメニティはかなり充実していて、男性ならPaul Stuart、LUCIDOとかのブランド物が常備されています。まあ、よく知らないんですが。女性の場合は、露天風呂がジェットバスだったり、サウナもクリアミストサウナ(塩サウナ)と違うようです。アメニティもやはりブランド物で、雪肌精などが常備されています。ドライヤーもダイソン、パナソニックと充実していそうです。まあ、よく知らないんですが。

ちなみに当日はフィンランドフェアが開催されてましたので、お風呂に入った後はフィンランドの”ラピンクルタ”というビールを飲みました。専用の石のコップでいただいたんですけど、”ソープストーン”というそうで、冷えたまま飲めるフィンランドのビールグラスみたいです。さっぱりとしたラガーで、お風呂の後のビールはたまりません。

4種のチーズを使ったピザを注文しました。こういった施設の料理は期待できない場合が多いんですけど、けっこう美味しかったです。(あくまでこういった施設の割にですけど。)

 

社会人になってからというもの、スーパー温泉やスパに行く頻度が増えた人も多いのではないでしょうか。僕もそんな1人です。考え事だったり一人の時間を過ごすのに丁度いいんですよね。ラウンジで読書をするのも良いですし、食事を取ったりマッサージも受けられます。場所によっては漫画も読めますから、1日中施設にいたことも少なくありません。自分のライフスタイルを変えてまで、株主優待を利用した節約はしないのですが、無理のない範囲での株主優待の利用は今後ともしっかりと活用していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。良い投資が出来ますように。
ゆっくり急げ(アウグストゥス:初代ローマ皇帝)

コメント