【感想】『バチェラー3』再始動!?YouToubeチャンネル『しんめぐの日常』として復活。その後の2人に目が離せない。

おすすめ書籍等

こんにちは。サラリマヌス(@SALARIMANUS)です。

衝撃的なニュースが舞い込んできたので、思わず筆をとりました。

なんと、あのバチェラー3の友永さんと岩間さんがYouTubeチャンネルを開設したのです。

完全に思考の隙を突かれた思いです。これぞ、神の一手だと言わざるを得ません(笑)

友永ファンの僕としてはチャンネル登録は不可避となりました。

YouTubeチャンネル『しんめぐの日常』

『しんめぐの日常』チャンネルはグアムデート編から始まった。日常とは言いつつ、バチェラー本編にも負けない華やかさは流石である。今後も”日常の2人”というコンセプトで動画投稿する予定だ。

それにしてもバチェラー3はバチェラーシリーズ最高傑作だと思ってましたが、まさかの第二幕が用意されていたとは想像もしてませんでした。

しかし2人のどちらの発案なのでしょうか?アマゾンがスポンサーやってるのでしょうか?(個人的には2人主導でやっていて欲しい笑)

いずれにせよ、またしても友永&岩間コンビのファンタジスタ的なプレイにしてやられた思いです。

バチェラー3本編予告

バチェラーシリーズは、バチェラーが20名の女性から運命の相手1人を選ぶリアル婚活サバイバル番組である。しかしバチェラー3の友永さんは破格のバチェラーだった。番組中に密かに告白、フラれたという岩間さんとの交際を発表したのである。(同時に、番組最終話で運命の相手として選んだ水田さんとの交際解消も発表した。)

バチェラー3は賛否が分かれる問題作ではあるものの、友永さんの枠に捉われない発想世間の目を気にしないタフさ、何よりも岩間さんを諦めない意思の強さに、僕は心を打たれました。

あらためて考えてみると、村社会的な日本企業に勤める僕にとって、友永さんにはある種の自由さを感じるのかもしれません(笑)

それでは、以下に投稿された動画を見ての雑感を書いていきます。

『バチェラー3』をみる┃Amazonプライム・ビデオ30日間無料トライアル

スポンサーリンク

友永構文は健在だ

バチェラー3の人気を支えた理由の一つは友永構文(※)であることに異論はないでしょう。
※「てにをは」を抜く/強調の副詞を多用する等

「めちゃくちゃ真剣に考えました」

「そこは折れれるなって」

「彼女の強さは本物だと思いました」

どうですか?脳内再生の余裕さに驚きを隠せないかと思います(笑)

そして、友永構文は「しんめぐの日常」でも健在のようです。

「本気で強く願ったら、思いは叶うんだなって。」

いやー、最高です。安定の友永構文、今後も楽しみです。

「本気で強く願ったら、思いは叶うんだなって。」

上記の動画は友永構文から始まるように設定してますので、是非聞いてみてください!

この二人、本当に素でバチェラーやってたんじゃないか

「しんめぐの日常」を見て驚いたのは、友永さんと岩間さんのキャラの変わらなさです。

まあ、友永さんはバチェラー3本編でも、事あるごとに「本音で話す女性が好き」と明言してましたし、「包み隠さず全て話します」みたいなテンションでしたので、予想通りではあります。

しかし、岩間さんも「素でバチェラーに参加してたんじゃないか?」というくらいキャラが変わりません。

岩間さんの強さは、ここから来ていたのかもしれません(笑)

バチェラー本編より仲良くなってる二人

「しんめぐの日常」では、二人の距離感の近さにも注目です。

どちらかと言うと、バチェラー3本編では、距離感があった二人なのですが、「しんめぐの日常」では距離感が近い姿が見れます。

まあ、でも友永さんの「めぐみー!めぐみー!(岩間さんのこと好きだという気持ち)」って感じは変わらずですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

「しんめぐの日常」の動画を見てたら、バチェラー3を見直したくなるのは僕だけじゃないはず(笑)

ところで、チャンネルの運営は二人でやってるのでしょうか?

普通に考えたら、Amazonではなくとも、スポンサーは付きそうな。
(まだ広告とかは貼ってないですもんね。)

でも、もし二人でYouTubeチャンネルを運営する展開なら、熱くないですか?

下手に芸能活動をするよりも、一転して、清々しい感じがします。

それこそ、破格のバチェラー・友永&岩間コンビにふさわしく自由なチャンネル運営を期待しています(笑)

いずれにせよ、今後が楽しみです!

『しんめぐの日常』をみる┃YouTube

『バチェラー3』をみる┃Amazonプライム・ビデオ30日間無料トライアル

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。
ゆっくり急げ(アウグストゥス:初代ローマ皇帝)

 

『しんめぐの日常』で確認された友永構文をまとめております。

コメント